格安SIM 比較

格安SIM

SIMフリー端末とSIMカードを挿入したいわゆる格安スマホが色々と話題に上っています。格安スマホの特徴はズバリ「安いことにありますね。これまでキャリアーと呼ばれるドコモ、AU、ソフトバンクの大手が提供してきたスマホプランは、コストが高く、複雑なコミコミプランでしかも2年縛りがあるというものでした。

 

そしてもうひとつキャリアが実施してきたものに「SIMロック」というものがあります。これは、たとえばドコモの端末は、ドコモでしか使えない、AUやソフトバンクでは使えないというものです。SIMカードと携帯端末が自由に組み合わせできないシステムです。、

 

ところが2015年5月から法的にこの「SIMロック」の解除が義務付けられ、利用者が端末とSIMカードを自由に選べる時代が本格的にやってきました。(ただし一定期間の利用は必要です。またこれまでもiPoneや外国製のSIMフリーの端末が、一部で利用されてきた方法ではあります。)

 

ただこれまで述べてきたように「SIMカード」の存在そのものが、あまり一般化されてなかったこともあり、馴染みの薄い存在といっていいでしょう。

 

そこでこのサイトでは、格安SIMを使ってみたいが、選ぶポイントがよく分からないといった方のために、比較情報をご紹介しますので是非参考にして下さい。

格安SIM 比較

格安SIMを提供しているのは『mvno』と呼ばれる事業者です。これらの事業者は大手が持っている通信回線を安くで借りうけ、通信回線を提供するという事業形態をとっています。具体的には、NTTドコモからかりている場合がほとんどですね。

 

このため
・回線の維持費等の経費が節約できます。
・店舗を持たずWEB中心の事業運営を行っています。
・提供プランは利用者ニーズを細かく分けてシンプルなものになっています。

 

こういった事業運営を行うことで利用者に格安の価格でプランを提供しているという訳です。

 

これらのMVNO 事業者を比較してみると、格安ということでは同じでも細かいところではそれぞれ違いがあります。このサイトではそれらの違いを個別に紹介していきます。

 

オススメ格安SIM

格安simを提供するmvno のなかから、特徴あるプランをピックアップしてみました。

 

U-mobile

公式サイト >> U-mobile

通信量をを気にせず使える
下り最大150Mbpsの高速通信LTEが使い放題プラン!は魅力

「U-CALL」を利用すれば国内通話が半額

公式サイト >> U-mobile

DMMmobile

公式サイト >> DMMmobile

使い方に合わせて選べる豊富なプラン(全7種類)
高速/低速を切り替える「バースト機能」や、「基本データ通信量を翌月へ繰り越し」、「シェアコース」など機能も豊富

公式サイト >> DMMmobile

Y!mobile

公式サイト >> Y!mobile

スマホで電話もネットも!節約したい方にオススメ
数少ないソフトバンク回線利用MVNO

音声付SIMは1回10分以内の通話無料(300回/月)

チャット形式のメールサービスも提供

公式サイト >> Y!mobile

OCNモバイルONE

公式サイト>>OCNモバイルONE

NTTドコモの「Xi」(クロッシィ)エリアおよびFOMAエリアに対応
プロバイダOCNが提供 利用者が多いことで知られている

公式サイト>>OCNモバイルONE

BB.exciteモバイルLTE

公式サイト>>BB.exciteモバイルLTE

1契約で3枚のSIM提供
余ったデータは翌月持越しできる

高速データ ON/OFF機能

公式サイト>>BB.exciteモバイルLTE

 

 

更新履歴